ハイシーズン真っ只中!一度は泊まりたいプーケットの高級ホテル

ハイシーズン真っ只中!一度は泊まりたいプーケットの高級ホテル

椰子ココナッツ

タイ南部に位置する『アンダマン海の真珠』、プーケット島は世界でも屈指のリゾート。ただいま、ハイシーズン真只中。青空とエメラルドグリーンにきらめく穏やかな海が満喫できます。年々、高級リゾートが増えているプーケットですが、今回は世界のセレブから支持を受けるアマンプリ、そして昨年オープンした、ユニークなコンセプトが話題のキーマラをご紹介します。

世界のセレブ御用達、アマンジャンキーが存在するリゾート

さて、プーケットでセレブが滞在するホテル、といえばやっぱりアマンプリです。昨年はビヨンセが家族で遊びに来たと報道され、今年の正月はブラッド・ピッド& アンジェリーナ・ジョリー家族がなんと1泊180万円のラグジュアリービラに滞在していました。蛇足ですが、アジア系セレブにはパンワ岬のスリパンワなども人気。韓国のチャングンソクご愛用は地元でも有名ですが、日本の芸能人もちらほら滞在しているようです。ですが、欧米系はやっぱりアマンプリです。

アマンプリは1988年開業。スモールラグジュアリーホテルの代名詞、究極の隠れ家と称されるアマンリゾートの第1号です。部屋数と敷地面積共にアマンで最大。アジアを中心に27のアマンリゾートがあり、昨年、東京に初の都市型アマンがオープンしたということも話題になりました。アマンの魅力は地域性を活かしたオリジナリティ溢れるユニークなコンセプト、そして極上のホスピタリティといわれています。それが事実である所以はアマンジャンキーと呼ばれる人たちの存在でしょう。 

プーケットのアマンプリは西海岸のパンシービーチという小さなビーチに面しています。一般の人にはパンシービーチには海からアクセスするしかないので、ほぼプライベートビーチ状態です。またホテル入口は看板もなく、ザ・スリンというリゾートを抜けたその奥にあるため、まさにハイダウェイです。リゾートはヤシの木の丘に建てられ、タイのアユタヤ時代を思わせる建築様式が施された40のタイスタイルパビリオンと、43のプライベートヴィラからなっています。セレブたちが愛用するのはプライベートヴィラ。ベッドルームも2~6部屋と大型で、専属のメイドとシェフがゲストのお世話をしてくれます。リゾートの中心に位置する有名なブラックプールは、今もって印象的。プールから海へと続く景色もドラマティックです。プールから見るとリゾートは切り立った断崖に建っているように思えますが、実は石造りの大階段があって、階段を下りるにしたがって景色が開けていきます。ホワイトサンドのビーチには所々に大きな岩があり、ダイナミックな景観が楽しめます。夕暮れ時にはムラサキ色のグラデーションに染まった空と、黒い影となったヤシの取り合わせはなんともいえぬ美しさ。照明も最小限に配置され、自然が生かされていることを感じます。アマンプリはサンスクリット語で“平和な場所”という意味。まさにそれを実感するひとときです。

アマンプリをさらに楽しめる、といわれているのがクルージングメニュー。スピードボート、ダイビングボート、フィッシングボート、木製の帆船、クラシックなモーターヨットや木製のラグジュアリークルーザーなど、他のリゾートには類を見ない豊富なメニューを揃えています。クルーズの間にスパメニューが受けられるコースや、プーケット最上のダイビングポイント・シミラン諸島へのダイビングコースもあり、まさにラグジュアリーなプログラムが用意されています。 贅沢なハードに加え、絶賛されるアマンプリのホスピタリティ。たとえば、ちょっと食事に出た間に部屋が整えられていたり、気の利いたプレゼントやお花が飾ってあったり。どこでも腰掛ければ即座にタオルとミネラルウォーターが用意される。リゾートの中ではその度に伝票にサインをすることもなし。なぜならスタッフがゲストを覚えてしまうので、その必要がない。スタッフのフレンドリーできめ細やかな対応。これがアマンプリの究極のおもてなしです。いつか、アマンプリに滞在してみたい!そんな人はいつまでも堪えません。

創造の世界をリゾートにしたキーマラ

魅惑の彼方‘Beyond Enchanting’をコンセプトにしたプーケットでは珍しいスタイルのラグジュアリーリゾートホテルがキーマラ(Keemala)。2015年9月にカマラビーチの熱帯雨林の中にオープンしました。リゾートは38のプールビラからなり、4つのカテゴリーの客室があります。そのカテゴリーがとても興味深く、それは創造されたプーケット4部族をイメージした棲家なんだそうです。農業のリーダー的一族Pa-ta-pea族の【クレイ・プール・コテージ】、狩猟遊牧民Khon-Jorn族の【テント・プール・ヴィラ】、木から吊り下がって暮らしたWe-ha族の【ツリー・プール・ハウス】、豪華な生活を楽しんだRung-Nok族【バード・ネスト・プール・ヴィラ】は、月光浴で瞑想できるようにと設計されたバスルーム付きだそうです。なんだか、ワクワクしますね。アクティビティも瞑想やヨガ、ネイチャーウォークなど、リラックスして自然に同調するようなプログラムが多いようです。 カマラビーチはプーケット最大の歓楽街を持つパトンビーチの北隣ですが、ビーチも大きな通りに面していないので、いま持って静けさを保っています。最近はビーチから南側の山が開発され、『ミリオネイラーマイル』と呼ばれて超高級リゾートが点在しています。 しかし、このキーマラは海沿いではなく、内陸部に入る急坂が続くカマラ旧道からさらに入った所にあります。まさにハイダウェイ。今後注目のリゾートであることはいうまでもありません。

【プーケットの人気豪華ホテル】

バニヤンツリー プーケット ホテル...国際的に有名な5大リゾートホテルが集結したラグーナ地区にあります。ここは本当のリラックスを満喫し、「現実世界」の繁忙を忘れることができます。米旅行雑誌コンデナスト・トラベラーの2007年読者投票ホテル・リゾート部門で世界8位に選ばれています。

アマリ プーケット...プーケット島で一番賑やかなパトンビーチの南端に位置し、美しい海が目の前に広がる、静かな環境のリゾートホテルです。広々したロビーは、開放的でリゾートムードがいっぱいです。客室は、フローリングの床で明るくモダンなインテリア。シービューの眺望の部屋もあります。シーサイドのレストランでは、きらめくパトンビーチの夜景や海に浮かぶ船の灯りを楽しみながらロマンチックなディナーが楽しめます。パトンビーチへは、徒歩約10分、繁華街の中心へは車で約5分と買い物にもエンターテイメントにも便利です。


アマタラ リゾート & ウェルネス
...プーケット島南東のパンワ岬にある高級リゾートホテルです。リージェントホテルズ&リゾーツのタイ初進出のホテルで、素晴らしい施設と豪華なホスピタリティは他のリージェント同様です。各客室には、プライベートスイミングプールとバルコニーがあります。

ラ フローラ リゾート パトン...ビーチフロントの眺めを、キーカードシステム、DVDプレーヤー、インターネット接続、およびノールームサービス可能なバルコニー付き客室で楽しむことができます。それとは別にラフローラはビジネスの方のニーズに応えたビジネスセンター、そしてレジャー旅行者のためのスパやハーブトリートメントなどのリクレーション施設も併設しています。

関連するレポート
アーカイブ