コロンビア旅行ガイド

コロンビア旅行ガイド

観光スポット

コロンビアは南アメリカ大陸に潜む秘宝のような国です。犯罪が多いという悪評とは裏腹に、様々な表情を見せる美しさと未開拓の土地がそこにはあります。カリブ海と太平洋を臨む南国情緒溢れるビーチ熱帯雨林のジャングル、雪に覆われた山々、そして肥沃な丘陵を思う存分味わうことができます。ロストシティを始めとする魅力的な古代遺跡群や、カルタヘナやボゴタの古都へも、ぜひ旅行の際には足を運んでみてください。

ボゴタ
コロンビアの首都であるボゴタは、アンデス山脈の山頂付近にあり、コロンビア旅行のスタート地として便利です。旅行者の多くは、街の中心地に隣接するzona rosaやla landelanaなどの歴史深い地域に集中するようです。賑やかで活気に満ちた混沌とした通りの生活は、植民地時代の面影を色濃く残すこの街を更に魅力的なものにしています。通りを歩けばこの街の魅力を存分に体験できます。但し、安全性のためにも、信頼のおける現地ガイドを必ず付けてください。

植物園(ボゴタ)
Parque Simon Bolivar付近の開放感溢れる植物園では、郊外にわざわざ出かけなくても、コロンビアの多様な植物体系と動物体系を見ることができます。巨大な温室では、コロンビアの多様な気候の植物を栽培しています。ここに来れば、熱帯雨林からアルプス山脈まで、変化に富んだ気候群の植物・動物体系を目前で見ることができるのです。(電話:+57 01 311 5324)

Cerro de Monserrate (ボゴタ)
ボゴタの街を見下ろすように山頂に建つ威圧的な白亜の教会は、ボゴタの人々にとってとても重要な意味をもちます。キリスト教巡礼者が、定期的にSenor Caidoの神殿を訪れるため活気に溢れています。ここから、ボゴタの街を見下ろす景観は絶筆です。山麓では、民芸品を売るマーケットやコーヒーショップなどがあります。山頂へは、ケーブルカーや登山鉄道で登ることができます。(電話:+57 01 243 8231)

現代美術館(Meseo de Arte Moderno(ボゴタ)
コロンビアの現代アートに興味がある人にぜひ行っていただきたいのが、ここmuseo de arte modernoです。この美術館は、20世紀のコロンビアの芸術家による、素晴らしい絵画と彫刻を展示しています。ラテンアメリカアートハウスでは、短編の映画を上映しています。(電話:+57 01 286 0466)

ゴールド・ミュージアム(museo del oro(ボゴタ)
この黄金の美術館は、コロンビアにおける主要な先ヒスパニック文化から選りすぐった34000個もの金製品を展示している驚きの美術館です。ほとんど全ての作品は、大部屋1室に展示され、その光景はとても印象的です。先ヒスパニック期の文化の歴史的、社会的要素を知る手がかりとなることでしょう。(電話:+57 01 343 2222)

国立美術館(ボゴタ)
3階建てのコロンビア国立美術館では、先ヒスパニック期の作品から現代アートに至るまで、興味深い作品を数多く展示しています。フロアごとに異なる年代のアートが展示され、コロンビア文化の発展を知るにはもってこいの場所です。(電話:+57 01 343 2222)

ボリバール・プラザ(plaza de bolivar
このプラザはボゴタ中心部にあります。中心にサイモン・ボリバールの銅像があるこのプラザ沿いには、コロンビアで最も重要な政府機関が入っています。ここは、地元の人々に最も人気のある集いの場であり、ピープル・ウォッチングにはもってこいの場所です。定期的に、イベント等も開かれています。

サンタンデール・プラザ(plaza de santander(ボゴタ)
ゴールド・ミュージアム前にあるこのプラザは、ボリバール・プラザ同様に、通りすぎる地元の人々を垣間見るのには最高のロケーションです。ストリートパフォーマンス、写真家、散策する地元パゴタの人々などで活気に溢れ、いつもにぎやかさでいっぱいです。

カルタヘナ
陽気で魅了溢れるこの街は、コロンビアで比較的安全な街の1つです。カルタヘナは、カリブ海沿岸にある周りから遮断された漁村で、まるで絵に書いたような美しい街です。古風で洒落た建物や素敵な大聖堂、スペイン統治時代の建造物は、様々な歴史にさらされた雰囲気を醸し出しています。白砂のビーチと透き通るような暖かい海水は、この街の美しさを一層高めています。カルタヘナは、ユネスコの世界遺産として登録された、一見の価値がある素敵な街です。

おすすめアクティビティ

ロストシティに行きましょう!
Ciudad Perdida、通称ロストシティは、11世紀から14世紀にかけて建てられましたが、その歴史はそう古いものではありません。今まで発見された先ヒスパニック期の街でも大きいほうで、街道から離れた山間の深い森の中にひっそりと佇んでいます。街から往復で6日もかかりますが、世界でも数少ない本格的な冒険を体験できるチャンスです。そんな場所柄のせいか、ロストシティが発見されたのは、街滅後約400年経った1975年のことです。恐れを知らない冒険家ならば、ここが旅のハイライトとなるのは確実です。

カリブ海の秘島に行きましょう!
コロンビアで最も安全な観光地なのが、カリブ海の沖合いから遠く離れたサンアドレス島とプロビデンシア島の2つの島です。とても小さいこれらの島は、世界でも一級クラスの美しいさんご礁があり、ミラクルの海でダイビングやスノーケリングを楽しむことができます。現地の人々は、アフリカ系との混血で、それがこの島独自の雰囲気を作っています。観光がこの島の主な収入源であり、地元の人は、こぞってセーリング、釣り、スノーケリングにあなたを連れて行ってくれることでしょう。ボゴタからは、飛行機かボートで行けますが、ボートの場合は、時間がかなりかかることを覚悟しておいてください。

古都カルタヘナを散策しましょう!
カリブ海に面した美しいこの街は、ユネスコの世界遺産に登録されています。cartagena de indiasは、その美と歴史を一目見ようと世界中から旅行者が絶えることがありません。周りから閉ざされたこの街は、17世紀の砦、パステルカラーの家々、スペイン植民地時代の建造物など、まるで中世の世界にタイムスリップしたようです。素敵なレストラン、ホテル、ショップ等もあります。島のもう1つの魅力は、街の湾を取り囲む、息を呑むほどに美しい白亜のビーチです。コロンビアに来たなら、ぜひこの街を訪れてください。

teatri colonでショーを鑑賞しましょう!
ボゴタにあるteatro colonは、イタリアの建築家piertro cantiniによって1885年に建てられた、美しいイタリアンスタイルの劇場です。国立劇場だけあり、内装はとても豪華です。ショーの開催時のみ一般に公開されており、贅沢な雰囲気の中、オペラ、コンサート、バレエ等を楽しんでください。一生の思い出になることでしょう。

ミラクル探検をしましょう!
圧倒的な景観のneo-Gothic Santuario de las lajasは、信じられないほど深い峡谷に掛かる石橋上に建てられています。18世紀に、聖母マリアの姿が巨大岩の表面に現れた時、視界が開けた峡谷の断壁に向かってこの教会が建てられました。奇跡を求める巡礼者にとっては、とても意味深い巡礼地です。教会が建つドラマチックなロケーションと救いを願う献身的な巡礼者の群れとが、尋常ではない何かが起こるのではないかと感じずにはいられません。

barrio of la candelariaをぶらつきましょう!
ボゴタの近隣にあるla candelariaは、オリジナルのまま発見され、魅力的な歴史ある面影を色濃く残しています。このエリアの通りをぶらつけば、古都ボゴタの伝統的な特色を肌で感じることができ、パゴタ滞在の中でも印象深い思い出となることでしょう。チョコレート専門店で有名なボゴタホットチョコレートを飲みながら、賑やかなボリバール・プラザをぶらぶらと散策し、何百年も庶民の生活が変わらず続く小さな路地に心躍ってください。

闘牛を見ましょう!
1月か2月にボゴタを旅行するなら、 Plaza de Toros La Santamariaで正真正銘の闘牛を見ることができます。この印象的な闘牛場は、アンダルシア調にデザインされ、ボゴタの人々にとって愛されています。ぜひ午前中にこっそりと中を覗いて見て下さい。若い闘牛士がリングを片手に、自分の技を磨いているでしょう。ショーは、闘牛開催シーズンの毎週日曜日に開催されます。朗らかで祭り好きな何千人ものコロンビア人とエキサイティングな時間を過ごしてください。一生の思い出になることでしょう。